Posts Tagged: ホストタウン

ORGANIC VISION最新第12号完成しました!

お待たせいたしました。
最新刊第12号が10月末に完成しました。

第9号からはじまった「アイテムデータブック」のテーマは、
「有機醤油」。
特集では醤油の価値と魅力に改めて迫ります。

第二特集は、イタリアのオーガニックワインを取り上げます。
あわせてオーガニックワインのデータブックも掲載しています。

前号からはじまった、
オーガニック情報サイト「ORGANIC PRESS」と連動した、
「オーガニックの商品力」も掲載。
そのほか、注目のオーガニック食材の産地をめぐるレポートも掲載。

定期購読のみなさまには、随時配送しております。
詳細およびご注文は以下URLから!

http://ovj.jp/magazine

2018年11月8日(木)実需者講習会@仙台開催のお知らせ

2020東京オリパラ大会に向け、事前合宿、ホストタウンの取り組みが本格化しています。その実例を辿ると、食のもてなしが非常に重要であることがわかります。特に、「持続可能性」のあるオーガニックやGAP食材の活用が、相手国の満足度を高める手段として注目を集めています。

そこで、事前合宿、ホストタウンと食、オーガニックのつながり、そして東北のホストタウン×オーガニック活用の先行事例である、山形県鶴岡市の事例を学び、東北という地域での食、オーガニックの活用による、2020年以降も見据えた地域活性の形を一緒に考えましょう。

【日時】2018年11月8日(木)15:00-17:00
【会場】みやぎNPOプラザ第1会議室
(仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地 022-256-0505)

【対象】
・事前合宿、ホストタウンなど、国際交流を含む地域活性に取り組む
・東北を中心とした自治体担当者やその事業にまつわる食を中心とした関連事業者
・オーガニック・エコ農産物をこれから取り扱いたいと考える
小売、流通、卸、飲食等の実需者
ほか、東北の飲食、食流通、ケータリング、宿泊施設関係者 など
【参加費】無料(定員40名/席確保の都合上、事前予約をお願いします

【内容】
 ①事前合宿、ホストタウンと食、オーガニックのつながりと、全国の事例の紹介
 講師:一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)/一般社団法人次代の農と食をつくる会 種藤 潤
 ②山形県鶴岡市が行ったホストタウン×食・オーガニックによるドイツ、モルドバとの国際交流
 講師:鶴岡市教育委員会スポーツ課 課長補佐 高橋修也氏
 ③トークセッション:2020東北活性に向けたホストタウンを生かした食とオーガニックの活用方法
 登壇者:NPO法人環境保全米ネットワーク 高橋芳道氏
鶴岡市教育委員会 高橋氏 OVJ種藤 潤

【主催】 一般社団法人次代の農と食をつくる会
【協力】 オーガニックウィーク仙台2018
【問い合わせ】 一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)
TEL03-6380-2168 FAX03-6380-2408 mail info@ovj.jp url http://ovj.jp

2018年8月18日(土)実需者講習会開催のお知らせ

top_menu_seminar_j_2018_01

2020東京オリパラ大会に向け、事前合宿、ホストタウンの取り組みが本格化しています。
その実例を辿ると、食のもてなしが非常に重要であることがわかります。
特に、「持続可能性」のあるオーガニックやGAP食材の活用が、
相手国の満足度を高める手段として注目を集めています。
そこで、事前合宿、ホストタウンにおける食の重要性や士別市、鶴岡市などの先進事例を学び、
九州という地域での食、オーガニックの活用による、2020年以降も見据えた地域活性の形を模索します。

※追記(2018.8.9)
①の話では、学校給食や社員食堂など、地元食材の持続可能な活用方法にも触れる予定です。
九州の飲食事業者、流通事業者、宿泊関係者などの方にも、ためになる内容だと思われます!

ov_button_o

【日時】2018年8月18日(土)10:00-12:00
【会場】宗像ユリックス 本館 会議室1・2(福岡県宗像市久原400番地 九州ホストタウンサミット内)
http://yurix.munakata.com/
【対象】事前合宿、ホストタウンなど、国際交流を含む地域活性に取り組む自治体担当者や
その事業にまつわる食を中心とした関連事業者
オーガニック・エコ農産物をこれから取り扱いたいと考える小売、流通、卸、飲食等の実需者 ほか
【参加費】無料(要予約)※参加者全員に「事前キャンプ地マニュアル」を進呈!

【内容】※登壇者が正式に決定いたしました(2018.8.3)
①事前合宿、ホストタウン先進事例から学ぶ、食とオーガニックの活用による地域活性の可能性
講師:内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局 参事官 勝野美江氏
②保険会社が2020東京大会、ホストタウンを支援する理由と、九州における具体的支援
講師:東京海上日動火災保険株式会社 地方創生健康経営室 中塚啓二郎氏 中村健氏
③トークセッション:事前合宿、ホストタウン担当者とともに考える
2020九州の地域活性に向けた食とオーガニックの活用方法
登壇者:佐賀県立九州陶磁文化館 鈴田由紀夫館長/鹿屋中央高等学校/勝野氏/中塚氏/中村氏 司会 OVJ種藤

【主催】 一般社団法人次代の農と食をつくる会
【問い合わせ】 一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)
TEL03-6380-2168 FAX03-6380-2408 mail info@ovj.jp url http://ovj.jp

7月末、ORGANIC VISION最新刊完成!

ov11_cover

お待たせいたしました。
最新刊第11号が今月末に完成。

第9号からはじまった「アイテムデータブック」の今号のテーマは、
「オリーブオイル」。
特集でもオリーブオイルの魅力に改めて迫ります。

第二特集は、オーガニック情報サイト「ORGANIC PRESS」と連動した、
「オーガニックの商品力」という新企画。
4つの最新商品を独自の切り口で紹介します。

そのほか、今号からスタートした新企画、
注目のオーガニック食材の産地をめぐるレポートも掲載。
詳細およびご注文は以下URLから!

http://ovj.jp/magazine

【期間限定セール】明日で終了!申込はお早めに。

2周年記念として企画しました、
「ORGANIC VISION」8冊セットスペシャルセール。
期間が明日1月31日までとなっています!

お申込がまだの方は、お早めにお申込ください。

http://ovj.jp/archives/1992

申し込み受付中!2月1日+2日セミナーのご案内

昨年よりOVJが次代の会の事業として実施してきた、
オーガニック・エコ実需者講習会の最終回が、
2月1日(木)14:20〜より健康博覧会@ビッグサイト内で開催です。

1万人の消費者動向調査「オーガニック白書」を元に、
人気のショップバイヤーとともに今後のオーガニックの商流を考えます。
参加無料!申し込み受付中です。

また、翌日2月2日(金)には、
ホストタウンのセミナーも開催。

2020 年に向けた日本の食文化発信とビジネスチャンス
~地域の食を活かしたホストタウンの取り組み~

オリパラ事務局勝野参事官が登壇します!
こちらもぜひご参加ください。

新年の挨拶+1月3日毎日新聞記事にOVJコメント記載されました

あけましておめでとうございます。今年もOVJを宜しくお願いします。

早速ですが、昨日の毎日新聞の連載「ニッポンの食卓」にて、
キャンプ地での有機食材提供についてのOVJのコメントが紹介されています!
未来の食として、オーガニックに注目した記事です。
JONA高橋俊さんのご紹介で取材受けました。ありがとうございます。

読んでいただくとともに、関心ありそうな方へ拡散いただければ幸いです。
宜しくお願い致します!

https://mainichi.jp/articles/20180103/ddm/013/040/003000c

創刊2周年記念!ORGANIC VISION期間限定セール実施中

top_menu_ov_sale

 

多くの方のご支援のおかげで、ORGANIC VISIONは創刊2周年、
合計8冊を発売することができました。ありがとうございました。
ORGANIC VISIONの詳細・購読についてはこちらから

その感謝の気持ちも込めて、
ORGANIC VISION既刊最新8号までを含む全8冊セットを、
期間限定で8,000円(税込・送料込み)にてお届けします!
(単品購入の場合は12000円相当!4000円お得!!

セール期間は2018年1月31日(水)お申込み分まで。
この機会にぜひご利用ください!

お申込みは下記メールアドレスまで、件名を「期間限定セール購入希望」として、
・お名前・お届け先・電話番号・希望セット数をご記入の上お送りください。
info@ovj.jp

【ORGANIC VISION】2018年版年間購読受付スタートしました!

生産者から流通、行政、そして消費者まで、
オーガニック業界の最前線を徹底的に取材し、
年4回お届けしてきたオーガニックと食育の専門誌「ORGANIC VISION」。

2018年1月末発売の第9号では、
リニューアルを予定しています。
2017年からの継続購読はもちろん、
この機会にぜひ新規の年間購読もご検討ください。

●年4 冊【9号~ 12 号】を、送料無料(国内のみ)でお届け
●一冊ずつ購入すると年間6000 円のところ、5000 円(税込)で購入いただけます

↓↓↓2018年版年間購読申し込みフォームはこちらから
http://ovj.jp/magazine2018

↓↓↓第1号〜第8号の内容はこちらから
http://ovj.jp/magazine

第9号 掲載内容(2018年1月末発売:内容は変更される場合があります)

〇オーガニック消費者調査「オーガニック白書2017」完成版
その一部をいち早く公開&分析
〇特別インタビュー ビオセボン 土谷美津子社長

【新連載】
〇保存版!ジャンル別オーガニックデータブック 味噌
〇NEXT ORGANIC PERSON’ S Voice /未来のオーガニックを語る
〇事前キャンプ× ホストタウン× 食、最新動向レポート
〇2024 年オリンピック決定!フランスが描く、オーガニックの未来。
オーガニック先進国の「今」を現地取材。
〇今更聞けないオーガニックの基本Q&A
〇最新オーガニックアイテム&イベント情報 ほか

【継続連載】
〇FOOD to 2020~服部幸應が2020 年に向けた食のキーマンと本音対談~
〇コウノトリを育む人。
〇オーガニックレストラン認証の今
〇土壌微生物に訊け!/土壌微生物研究者・横山和成氏
〇水のオーガニックを考える ほか

ORGANIC VISION第8号完成しました!

ov08_cover

http://ovj.jp/magazine

2017年度版最後となる今号では、
2020年に向けた地域と海外の文化交流事業「ホストタウン」で、
いよいよ「食」とのコラボレーションが始動!
北海道士別市を訪ねました。

また、8月に行われた「国際オーガニックEXPO2017」にて、
OVJがプロデュースした「オーガニックヴィレッジゾーン」の
全容をレポート。
オリパラ事務局や服部幸應OVJも登壇した「ホストタウン」、
オーガニック女子たちが集結した
「女性に響くオーガニックとエシカル視点」の
セミナー&トークレポートから、
第2回オーガニックマルシェ2017現地ルポ、
好評を博したオーガニック日本酒の展示&試飲ゾーン
「BioSAKEヴィレッジ」については、
出品商品一覧を掲載しました。
ご来場できなかった方は、ぜひごらんください。

新連載として、
兵庫県豊岡市の協力の元、
「コウノトリ育むお米」の生産者にスポットを当てた
「コウノトリを育む人。」がスタート。
第1回は、ユメファームの青山直也さんです。

久々の「オーガニックレストラン認証」として、
大阪の遊魚さんを取材しました。
その他、「アクアポニックス」「水のオーガニック」
「オーガニックレシピ」「土壌微生物」と、
通常連載企画も掲載。

単品注文も可能ですが、
1000円お得な年間購読いただければ、5号から8号まで、
2017年度版が全て揃ってお届けできます!
ぜひご利用ください。

→単品申し込みはこちらから
→お得な2017年度4冊まとめて購入申し込みはこちらから