オーガニック購買意識調査「オーガニック白書」


top_menu_hakusyo

OVJでは、2016年11月に実施した消費者1万人(分母)の購買意識調査に続き、
2017年11月に2回目の調査を実施。マーケットの可能性を調査分析した
「オーガニック白書2017+2016」近未来予測を
2018年3月に出版することとなりました。
2020年東京オリンピック・パラリンピックをターニングポイントと見据えて
オーガニック市場に大きな変化があると予想し、その変化のレベル、方向性など
比較検討できる目安(基準)を設けるべく行った2016年の調査と2017年の最新の
データを分析。これによってはじめて国内市場の経年動向が判明します。そして、
信憑性の高い今後の予測・予想が考察できることになります。流通はかなり動きが
あったという実感ですが、興味深いデータが発表できそうです。

誌   名  「オーガニック白書2017+2016」近未来予測
判   型  A4判  ページ数/156P  無線綴じ オールカラー
印刷部数  2000部(初版限定)
販   売  予約注文販売   *一部自然食品店、通販サイトにて販売
定   価  10000円(税別)
発 売 日  2018年4月1日
読 者 層  食・農業界 オーガニック(衣食住から環境)業界関係 地域創生活動団体
全国自治体・官公庁関連 他
制作発行  一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)
調査協力  株式会社電通CDC
協力協賛  NPO法人日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(JONA)

編集構成(予定)
Part 1 2017年+2016年1万人消費者調査発表
Part 2 東京オリ・パラがターニングポイント!
オーガニックスペシャリストの“オーガニック市場予測”(寄稿)

※完成次第、順次発送を予定しております。
※送料無料
※同封する郵便振替用紙で、到着後1週間以内にお支払いください(手数料はご負担ください)

ov_button_hks

One Comment