Action

OVJの事業展開

2019年、OVJは①情報発信を中心に、
その活動を支援する会員企業の事業を後押しする
②③④を加えた4つの事業を展開します。

事業展開①:情報発信

キッチンから地球を愛し、消費者とつなぐ、コト、モノ、ヒトマガジン
「Kitchen Love the Earth」の発行

OVJは、 「人間は自然を食べて生きている」というオーガニックの根本理念に基づき、みなさんと一緒に「ヒトの健康=自然の健康」を楽しくわかりやすく消費者に伝え、その結果として持続可能なマーケットが広がることを目指します。

その媒体コンセプトが「Kitchen Love the Earth.」です。

>>「Kitchen Love the Earth」の詳しい媒体ページはこちらから
>>「Kitchen Love the Earth」ウェブマガジンサイトはこちらから

※他、2020年東京オリパラ大会を契機に増加が予想される訪日外国人に備え、関東近辺のオーガニックレストラン、ショップをまとめた「オーガニックマップ」作成も計画中です。

事業展開②:交流会・マッチング

  • ・2018年度にスタートした、隔月でのビジネス交流会を、2019年度も継続して開催いたします。
  • 会員企業を中心に、入会に関心のあるオーガニックにまつわる事業者が参加します(会員割引あり)。
  • 食事会だけでなく、企業PRも行えるような企画を考えます。
  • 過去2回は交流会前にビジネスセミナーを実施しました。

事業展開③:セミナー講師派遣・コンサルティング

  • OVJ関係者にはオーガニックにまつわるスペシャリストが多数揃います。2019年度からはその人材の講師派遣とビジネスコンサルティングを本格的に事業化します。
  • 会員企業には割引または入会費割引などを取り入れ、会員企業を中心とした事業サポートを目指します。
  1. セミナー講師派遣
    金額 30000円〜+税+実費(旅費交通費、資料代など)
    テーマ例
    オーガニックの基本
    有機JASの基本
    SDGsとオーガニック
    オーガニックレストラン
    2020東京大会、ホストタウン
    学校給食導入事例  など
  2. コンサルティング
    金額 1回面談 30000円〜+税+実費(旅費交通費など)
    テーマ例
    有機JAS取得(生産、加工等)
    有機JAS食材の調達
    オーガニックレストラン
    ホストタウンのプランニングサポート
    サステナブルラベル取得
    ビオサケの企画、PR  など

事業展開④:PR・事業支援

「人と食と自然がつながる」本質的なオーガニックの価値の普及活性につながる団体、組織、企業の取り組みに、広報PR、協賛等の形でサポートを行います。

  1. 食育マルシェ 
    年2回行われる唯一の食育をテーマにしたマルシェ。
    主催者には、服部幸應OVJ会長が名を連ねる。
    OVJは共催として広報面や講師紹介などをサポート。
  2. ビオサケ 
    2017年より、オーガニックな作りを行う蔵元を独自に選定しブランド化。
    コンセプトや蔵元リストをHPおよび冊子等で公開、PRする。
    独自の認証マークを作成し、希望する蔵元に販売する予定。
    →会員企業の伊藤忠食品展示会などでの広報PRも予定。
  3. 食のホストタウン 
    内閣官房オリパラ事務局と連携し、
    意欲ある自治体に対して「食のホストタウン」への参加を打診。
    事業化を前提にホストタウン成立の枠組みに参加する。