Posts Tagged: 五輪

事前キャンプ地の動向が活発化しています!

かねてより、OVJが注目してきた2020事前キャンプ地、
3月に入り、いよいよ本格的に締結に向けて動き出しているようです。

●モンゴル・ボクシング/静岡県島田市
http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/336773.html

●ニュージーランド・空手/沖縄県沖縄市
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/87344

●ブラジル・サッカー/相模原市(7月ごろ本締結予定)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201703/CK2017030602000150.html

今後の事前キャンプ地の動向に、注目です!

ホストタウン情報

2020年東京五輪事前キャンプ地と関わりの深い「ホストタウン」、
九州で意見交換会が開催された模様。
着実に進んでいますね!

http://www.sankei.com/region/news/170113/rgn1701130005-n1.html

ちなみにその「ホストタウン」を担う
内閣官房東京オリパラ事務局の事務局長に、
今月末発刊の「ORGANIC VISION」第5号では登場いただきます。
「ホストタウン」の未来の話も出てきますよ!
ホストタウン関係者、事前キャンプ地関係者の皆様、
お楽しみに。

↓↓↓ORGANIC VISION第5号について+定期購読はこちらから
http://ovj.jp/magazine2017

 

 

11月30日セミナー 講演内容確定しました!

先にお伝えした、11月30日(水)開催予定の
「オーガニック白書2016」マーケット調査速報セミナー。

調整中だった講演者および講演内容が確定しました!
おそらくこれまでのどのオーガニックイベントでも聞けなかった、
リアルな日本のオーガニックの現在と未来がわかる、
貴重なセミナーになる予定です。
是非ご参加ください。

↓詳細、申し込みはこちらから
http://ovj.jp/http://ovj.jp/20161130seminar

1 2016年11月OVJ消費者調査実施
“日本のオーガニック市場規模”最新情報発表!
山口タカ 「オーガニック電話帳」編集発行人
(一社)オーガニックヴィレッジジャパン「ORGANIC VISION」編集長

2 新オーガニックビジョン①
オーガニック専門サイト女性編集長が指南する
”女性に響くオーガニック・マーケティング戦略“
佐藤亜輝 「ORGANIC PRESS」編集長

3 新オーガニックビジョン②
2020年オリ・パラに向けてオーガニックを躍進させる!
高橋 勉 NPO法人日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会 理事長

雑誌「Tarzan」フードビジョン記事の取材協力

本日付11月10日発売の雑誌「Tarzan」にて掲載されている
「フェルディナント・ヤマグチと考える
2020年TOKYOのフードビジョン(前編)」
企画において、OVJが取材協力しました。
OVJ服部幸應会長が、
食育とオーガニック、2020年東京のフードビジョンについて
語っています!

http://magazinehouseshop.jp/SHOP/TA707.html

ORGANIC VISION第4号完成&2017年度定期購読受付もスタート!

ov04%e8%a1%a8%e7%b4%99

読者の皆様、お待たせいたしました!
オーガニック&食育専門誌「ORGANIC VISION」第4号が、
本日完成いたしました。
定期購読を受け付けいただいている皆様には、
順次お送りいたしますので、お待ちくださいませ。

今号はリオ終了後、いよいよ注目の集まる東京大会に向けて、
事前キャンプ地のあるべき姿を先駆者に訊きました。
また、発酵×オーガニックの特集もあわせて企画。
新たな連載もスタートし、内容も濃いものになりました。
ご期待ください。

http://ovj.jp/magazine/

そして皆様のご支援もあり、
1月に創刊した「ORGANIC VISION」は、無事4号発刊することができました。
そして2017年度も4冊発刊が決定!企画も進行中です。
1月発刊号からの定期購読の受付もスタートしましたので、
ぜひ来年度もよろしくお願いいたします。

http://ovj.jp/magazine2017/

ORGANIC VISIONまとめ買い割引サービスはじめました!

「ORGANIC VISION」をまとめて購入したいという皆様の要望に応え、
まとめて注文頂いた方に対し、割引サービスをスタートしました。

http://ovj.jp/magazine

10冊以上同時に注文頂いた方には、
10%オフいたします!

社内研修に配布したい方、
自治体や企業の勉強会で利用したい方、
など、ぜひご活用ください!

人材募集のお知らせ

ORGANIC VISION第3号が発刊されて間もないですが、
OVJ事務局では、編集スタッフを募集いたします。

内容としては、紙媒体・ウェブ問わず、
オーガニックまたは食育、五輪やキャンプ地、フードビジョン関連の情報の
収集・取材・編集・ライティング業務です。

応募は以下の項目を明記し、info@ovj.jpまでメールにてご応募ください。

・名前
・性別
・生年月日
・居住地
・職歴

後日、事務局よりご連絡させていただきます。
※給与や勤務時間等の諸条件は、応募後改めてご相談させていただきます

人材募集の際はいつも記しますが…
各職務経験が豊富であること、
オーガニックや食育、五輪のキャンプ地やフードビジョンへの
見識の深さなども基準となりますが、
何よりそうしたジャンルに興味・関心のある方であることが第一です。
そして前向きにオーガニックの普及・推進に向けて、
一緒にがんばろうという強い意志をお持ちの方と、
ともにお仕事できれば幸いです。

ご応募をお待ちしています!

ORGANIC VISION第3号、まもなくお届けいたします!

ORGANIC VISION03cover

日本唯一のオーガニック定期情報誌「ORGANIC VISION」。
第3号の入稿作業が完了し、7月末より随時会員の皆様、購読予約いただいた皆様にお送りいたします。

2大特集は、いよいよ始まるリオ五輪を意識した「フード・ビジョン」と「事前キャンプ地」がテーマ。
その二つのキーワードにピンと来た方はもちろん、
わからない方もぜひお読みください!

その他食育×オーガニックの特別対談や、新連載も続々スタート。
定期購読がまだの方は、ぜひこの機会に!!

>>詳しい内容&定期購読申し込みはこちらから

イベントレポート:伊藤忠食品130周年記念展示会

  • DSC_0423
  • DSC_0425
  • DSC_0419
  • DSC_0355
  • DSC_0370
  • DSC_0375
  • DSC_0379
  • DSC_0384
  • DSC_0441
  • DSC_0473
  • DSC_0485
  • DSC_0453
  • DSC_0435
  • DSC_0436
  • DSC_0496
  • DSC_0500
  • DSC_0508

伊藤忠食品130周年記念展示会 FOOD VOYAGE

期間:2016年5月31日(火)6月1日(水)ともに10:00〜17:00
場所:東京国際フォーラム(〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1)
来場者:食品業界関係者、バイヤー、プレス 等
出店内容
OVJの組織概要、活動内容のPR/パンフレットの配布
オーガニック情報誌「ORGANIC VISION」のPR/配布
OVJ会員の商品PR・パンフレット等資料の配布
出品いただいた企業様(順不同、敬称略)
BIO PROJECT/テリーヌ9種、ジャム11種、パンフレット
八丁味噌/有機八丁味噌、有機赤だし味噌、パンフレット
グリーンフィールドプロジェクト/種子陳列棚、スプラウト栽培容器セット4種、カタログ
純正食品マルシマ/醤油2種、きな粉3種、酢4種、トマトケチャップ1種、こんにゃく3種、カタログ
ホリマサシティファーム/パンフレット
八基通商/オーガニックオリーブオイル2種
だいずデイズ/有機蒸し大豆、有機蒸しサラダ豆、有機ほの甘あずき、パンフレット
Anonimo Design/オリーブオイル

  • イベント概要と出店の経緯
    ・同社130周年記念イベントとして、取引先企業を中心に、約3000人を招待。伊藤忠食品の歴史を解説するコーナーからはじまり、続いて、これからの伊藤忠食品様の戦略の中核の一つ「Health & Beauty」をテーマとしたブースが設置され、オーガニックオイル、ビオワイン、メディア、カタログギフトなど、そのテーマに即したコラボレーションを行う企業や団体が出店。今回OVJはそのなかでの出展でした。
    ・そのブースを抜けた先には、同社取引先のナショナルブランドを中心としたメインブースがあり、その中心にはセミナースペースが設置され、食にまつわるさまざまなセミナーが開かれました。初日には、OVJ会長の服部幸應氏のオーガニック&食育をテーマにした講演も開かれました。
    ・伊藤忠食品様のOVJ入会と合わせ、同社のこれからのコンセプトとして掲げられた「Health & Beauty」戦略のパートナーとして、出展することになりました。
  • 当日の様子
    ・3000人規模という来場予想通り、両日ともに多くの人が訪れ、特に開場直後は通路を埋め尽くすほどの人が押し寄せました。OVJブースでも足を止める人は多く、陳列された商品やパンフレットを手に取っていました。
    ・来場者にはほぼすべて、担当の伊藤忠食品様の社員がついていました。そしてOVJブースに立ち寄る来場者には、なぜOVJが出店しているのか、有機・オーガニックの価値について、補足して説明する社員もいらっしゃいました。そのため、有機・オーガニックになじみのない来場者でも、OVJおよび有機・オーガニックの価値がある程度伝わっていたように感じました。
  • 来場者の反応
    ・イベントの性質上、来場者のほとんどは、有機・オーガニックに詳しくはないようでしたが、知識がなくてもその価値がこれからはあることを見越してか、スーパーなど小売関係の方を中心に、熱心に商品について尋ねている姿が目立ちました。そのなかで、試食をしたいという方も少なくありませんでしたが、今回は難しく、そのニーズに応えられませんでした。
    ・メディアの方のなかには、オーガニックについて、オリンピックとの関連性などを詳しく聞く方もいました。また、ビューティー系の商品企画をするタレントさんもブースを訪れ、有機・オーガニックの商品、自身でも関われる有機農地などについて尋ねていきました。
    ・伊藤忠食品様の社員の方がオーガニックに関心が高かったことも印象的でした。西日本の担当の方、地域ブランド担当の方など、自身の担当の新たな付加価値付けに有機・オーガニック商材の可能性を見出していたようで、OVJの活動についても関心を持たれていました。また、全国の伊藤忠食品ネットワークを活用し、有機・オーガニックの専用ブースが設置できないか、と相談を持ちかける社員の方もいました。
  • 出店企業様の反応
    ・出店企業様のなかには、会場に来場してくださる方もいらっしゃいました。特に初日の15時半からは、会場内のセミナーゾーンでOVJ会長・服部幸應氏の講演もあったため、それにあわせてこられる企業様が多かったように感じます。
    ・そこで会員企業様同士の交流が生まれたようでした。すでに顔見知りの企業様同士が近況を報告しあったり、新たな出会いがあったり。単なる企業・商品PRだけではない効果も生まれたようでした。
  • 総括
    ・2日間通じて感じたのは、来場者の大半は、有機・オーガニックにゆかりのない方々ですが、その人たちの関心度が、明らかに変わってきていることでした。また、OVJの訴える五輪とオーガニックの関係性や、オーガニックによる地方創生との親和性などを知り、従来とは異なる形の有機・オーガニックの可能性を知り、関心を持たれる方もいました。
    ・前出のとおり、伊藤忠食品様自身の有機・オーガニックに対する関心も高く、これから同社がこのジャンルを強化する上で、OVJがサポートできる要素が大きいことも感じました。そのなかで今回、会員の皆さまに提供いただいた商品や資料は、今後の同社の有機・オーガニックを強化する戦略の入り口として、非常に参考になったようでした。

【 OVJ広報室 種藤 】

ORGANIC VISION第2号、制作進行しています!

日本唯一のオーガニック専門誌「ORGANIC VISION」、
第2号発刊をお待ちの皆様、お待たせしております!
現在目下編集作業進行中です。
予定コンテンツを以下にアップしましたので、
ご興味ある方は御覧ください。
※内容が変更になる場合もあります

http://ovj.jp/magazine

2016年度定期購読も、継続して受け付けていますので、
ぜひご検討ください!