Posts Tagged: 最新情報

第3回ビオサケオンライン研究会延期のお知らせ

本年もOVJをどうぞよろしくお願いいたします。

一部の情報で案内していた、
第3回ビオサケオンライン研究会、
2022年1月19日(水)開催としておりましたが、
諸事情により、延期させていただきます。

正式な開催日や内容に関しては、
本HPおよびSNS等で案内させていただきます。
しばしお待ちください。

ビオサケオンライン研究会 事務局

2月8日(火)〜10日(木)健康博覧会出店+セミナー開催のお知らせ

▼2022年2月8日(火)〜10日(木)、
東京ビッグサイト 南ホールにて行われる展示会
「健康博覧会」にOVJブースが出店します!
場所は「1P-14」になります。
ご来場の際には、ぜひお立ち寄りください。

健康博覧会
2022年2月8日(火)〜10日(木)10:00〜17:00
東京ビッグサイト 南展示棟
主催:インフォーマ マーケッツ ジャパン
https://www.this.ne.jp/

 


▼同展示会の初日8日(火)15:50〜より、
OVJ会員のアルファフードスタッフさまがセミナー登壇することになりました!

『おかしで作る オーガニック&サステナブルなマーケットと未来』
アルファフードスタッフ(株) 常務取締役
Biokashi Founder 浅井 紀洋 氏

2018年に誕生し、現在オーガニックスーパーを中心に着実に取り扱いを増やしている、
日本初の「オーガニックのお菓子」ブランド「Biokashi(ビオカシ)」。
その立ち上げと事業を牽引し、
現在はお菓子メーカーに対して
「オーガニックのお菓子」のコンサルティングも行う立場から、
「Biokashi」開始の経緯や今日の事業展開、今後の戦略について話します。

また、自身が本格的にオーガニックに注力するきっかけが、
近年注目されている「サステナビリティ」であったことにも触れつつ、
昨今の国内外食品市場における「オーガニック」の価値と、
今後の可能性についても語ります。

申し込みはこちらから
https://www.informa-japan.com/this/seminar/

2021年11月10日(水)第2回ビオサケオンライン研究会開催のご案内

撮影:上原タカシ 写真はイメージです

>>PDF版のリリース文章はこちらから

オーガニックな日本酒「ビオサケ」について考え、語り、味わう集い

ビオサケオンライン研究会のご案内

2017年11月よりスタートした、オーガニックな原料と製法の日本酒「ビオサケ/BioSAKE」を活性化するプロジェクト。2021年9月より、オンライン研究会を開始しました!

2回目は、横浜君嶋屋さまをお招きし、出張先の「仁井田本家」さまから中継で登場いただきます!その後はビオサケを片手に意見交換、情報交流を行い、ビオサケの未来について語り合います。カジュアルな会ですので、興味ある方は気軽にご参加ください。

<開催概要>
■日 時  2021年11月10日(水)18:30〜20:00
■会 費  無料(各自ビオサケを準備してご参加ください)
■定 員  20名(事前申込をお願いします)

■ゲスト
横浜君嶋屋 4代目社長 君嶋哲至さん https://kimijimaya.co.jp/
古くから続く酒屋の立場から、ビオサケの価値や可能性について語っていただきます。
※当日は福島「仁井田本家」さまより中継での参加が決定しました!

■主な参加対象
日本酒やオーガニック関係者、「ビオサケ」に関心ある事業者
フード関係者、メディア関係者など

■参加方法 オンラインシステム「zoom」にて実施
https://us06web.zoom.us/j/82016179109?pwd=dHJSczV1WkxpV2JkUnFUTzF6dW1wdz09
ミーティングID: 820 1617 9109 パスコード: 688825

■お申込 専用フォームよりお願いします

■お問い合わせ・お申し込み先
一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)事務局
TEL : 03-6380-2168 FAX:03-6380-2408
Mail : info@ovj.jp  URL:http://ovj.jp


【参考1:BioSAKE(ビオサケ)とは】

「BioSAKE(ビオサケ)」とは、2017年にOVJが雑誌、イベントの企画の一環として掲げた、新たな日本酒のブランディングです。全国の有機日本酒、自然酒を製造する蔵元および銘柄情報を独自に収集し、「BioSAKE(ビオサケ)」という名の下にイベントで展示、試飲会を行ったりしてきました。
2018年からは会員企業さまと連携し、具体的なブランディングと小売販路の構築を模索。2020年には国税局のガイドラインに沿った基準をもとに、蔵元さまの意識調査を実施し、そのデータを元に意見交換会を実施ました。

【参考02:ビオサケ酒蔵リスト(順不同)】

2020年の意識調査にもご協力いただいた、有機日本酒、自然酒の製造販売に積極的な蔵元さまです。
研究会当日の商品選びの参考にしてください。

秋田銘醸株式会社 http://www.ranman.co.jp/ranman/
株式会社一ノ蔵 http://www.ichinokura.co.jp/
天鷹酒造株式会社 https://tentaka.co.jp/
晴雲酒造株式会社 http://www.kumagaya.or.jp/~seiun/
寺田本家 http://www.teradahonke.co.jp/
木戸泉酒造株式会社 http://www.kidoizumi.jp
太冠酒造株式会社 http://www.taikan-y.co.jp/
谷櫻酒造有限会社 http://www.tanizakura.co.jp/
株式会社福光屋 https://www.fukumitsuya.com/
角谷文治郎商店 http://www.mikawamirin.jp/
玉乃光酒造 http://www.tamanohikari.co.jp/
山名酒造株式会社 http://www.okutamba.co.jp/
丸本酒造株式会社 http://www.chikurin.jp/
千代むすび酒造 http://www.chiyomusubi.co.jp/
中井酒造株式会社 http://www.yasionet.jp/
小正醸造 http://www.komasa.co.jp/
山の壽酒造 http://yamanokotobuki.com/

 

【News Release】BioSAKEオンライン試飲会2020のご案内

オンラインで有機日本酒、自然酒でカンパイ!
ビオサケ酒蔵アンケートの集計結果の速報レポートも行います!

>>リリースのPDF版はこちらから

「BioSAKEプロジェクト2020」本格始動の第一弾として、有機日本酒、自然酒をつくる蔵元さまに協力いただき、「ビオサケ」についての意識調査アンケートを行いました。その分析結果の発表も兼ねて、オンラインでのビオサケ試飲会を企画いたします。参加資格は、「ビオサケ」を購入いただくこと。未来の「ビオサケ」、日本酒について、楽しく酔いながらオンラインで語らいましょう。

<開催概要>
■日 時  2020年7月18日(土)17時開始予定
■参加方法 zoomオンライン(参加受付した方に順次URLをお送りします)
■会 費  無料(ただし、ビオサケ蔵元(参考2)からビオサケを購入すること)
■定 員  20名(予約制)
■予定企画 ビオサケ酒蔵アンケート集計結果報告/私のビオサケ自慢PR/
ビオサケの魅力を語り合う/ビオサケのルールを考える など

【参考1:BioSAKE(ビオサケ)とは】

「BioSAKE(ビオサケ)」とは、2017年にOVJが雑誌、イベントの企画の一環として掲げた、新たな日本酒のブランディングです。全国の有機日本酒、自然酒を製造する蔵元および銘柄情報を独自に収集し、「BioSAKE(ビオサケ)」という名の下にイベントで展示、試飲会を行ったりしてきました。
2018年からは会員の伊藤忠食品さまと連携し、具体的な小売販路の構築を模索。2020年には国税局のガイドラインに沿った基準をもとに、蔵元さまの意識調査を実施しました。

【参考2:ビオサケ酒蔵リスト(順不同)】

有機日本酒、自然酒の製造販売に積極的な、今回の意識調査に協力いただいた蔵元さまです。
こちらから商品を購入いただき、当日カンパイできるようにご準備お願いします。(順不同)

秋田銘醸株式会社 http://www.ranman.co.jp/ranman/
株式会社一ノ蔵 http://www.ichinokura.co.jp/
天鷹酒造株式会社 https://tentaka.co.jp/
晴雲酒造株式会社 http://www.kumagaya.or.jp/~seiun/
寺田本家 http://www.teradahonke.co.jp/
木戸泉酒造株式会社 http://kidoizumi.jpn.com/
太冠酒造株式会社 http://www.tanizakura.co.jp/
谷櫻酒造有限会社 http://www.taikan-y.co.jp/
株式会社福光屋 https://www.fukumitsuya.com/
角谷文治郎商店 http://www.mikawamirin.jp/
玉乃光酒造 http://www.tamanohikari.co.jp/
山名酒造株式会社 http://www.okutamba.co.jp/
丸本酒造株式会社 http://www.chikurin.jp/
千代むすび酒造 http://www.chiyomusubi.co.jp/
中井酒造株式会社 http://www.yasionet.jp/
小正醸造 http://www.komasa.co.jp/
山の壽酒造 http://yamanokotobuki.com/

【追加情報】(2020.7.9)

事務局オススメおつまみ
オーガニック認証うなぎ「オーガニック 山田の粋真空パック」
https://yamadasuisan.shop/shopping/prod/13

開催日の3日後は土曜の丑の日。
オーガニック日本酒×オーガニックうなぎのコラボレーションを楽しむのがオススメです。

→購入は上記サイトまたは、
店舗の場合は「オーガニック自然食 こだわりや」各店舗でどうぞ。
ちなみに、「こだわりや」ではビオサケも販売しています。

■お問い合わせ・お申し込み先

一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)事務局
TEL : 03-6380-2168 FAX:03-6380-2408
Mail : info@ovj.jp  URL:http://ovj.jp

「Kitchen Love the Earth」第5号発刊延期のお知らせ

>>リリースのPDFはこちらから

拝啓 平素大変お世話になっております。

この度、一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(以下、OVJ)は、2019年8月末に創刊した、キッチンを通し、消費者と地球をつなぐフリーマガジン「Kitchen Love the Earth(キッチンラブジアース:通称キチラブ/別紙媒体資料参照)の第5号発刊を1ヶ月延期し、4月末予定を5月末に変更いたします。また、以後の発刊時期も1ヶ月延期いたします。今回の決定は、日本のみならず世界に蔓延している新型コロナウイルスの影響を考慮したものです。

これまで創刊から隔月で第4号まで発刊することができ、そして第5号を機に、コンテンツのリニューアルを計画中でした。その制作編集の最中、今回の新型ウイルスの社会的影響が想像以上に強く、主に以下の理由から延期を決定いたしました。

(1)広告及び協賛、配布協力いただく事業者様の状況の不安定化
(2)取材協力事業者様の状況の不安定化
(3)制作スタッフの健康面の配慮

とはいえ、この延期をOVJとしては前向きにとらえようと考えています。この期間中に、リニューアルを計画中のウェブとの連動性を高め、並行してOVJ本体の取り組み(有機日本酒プロジェクトなど)との連携も強め、第5号以降をより充実したメディアにすべく、テレワークなどを駆使して注力していく予定です。

引き続き、5月末発刊予定の「Kitchen Love the Earth」第5号および以降の発刊号、リニューアル予定のウェブメディアにご期待ください。あわせて、広告協賛、配布協力のご検討もお願いいたします。

敬具

年末年始の事務局問い合わせについて

2019年も残りあとわずか。
本年も大変お世話になりました。

年末年始のOVJ事務局の問い合わせは、
以下にて対応いたします。
事務局体制が整っておらず、
対応が遅れる場合もございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒宜しくお願い致します。

◎年内
2019年12月27日(金)まで

◎年始
2020年1月6日(月)より

来年はいよいよオリパライヤーです。
何卒宜しくお願い致します。

OVJ事務局

「Kitchen Love the Earth」第3号 12月末完成

お待たせしました。
第3号の特集は「お鍋」。
全国の鍋や進化系鍋を参考に、おうち鍋がもっと愛しくなる方法を、
鍋の達人がご紹介。キチラブおすすめ鍋もあります!
インフォメーションも今号は盛りだくさんです。
オーガニック関連のイベントや、協力企業様の店舗等で配布予定です。

↓詳しい内容はこちらから
http://ovj.jp/kle/archives/325

「Kitchen Love the Earth」第1号配布先について

おかげさまで、8月末に創刊した「Kitchen Love the Earth」第1号、
各方面で好評いただいています。
一方で、配布先、設置先がわからず、
手に入らないという声も頂いています。

以下のページに最新情報をまとめています。
お求めの方はお近くの配布先、設置先にお立ち寄りください。

>>「Kitchen Love the Earth」第1号配布先はこちらから

新媒体「Kitchen Love the Earth」のご案内

Kitchen Love the Earth.のロゴ/題字:うどよし

2019年、オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)発行の媒体は、生まれ変わります。

「オーガニック業界事業者向け、オーガニック&食育専門誌」から

「キッチンから地球を愛し、消費者が参加する、コト、モノ、ヒトマガジン」へ

Kitchen Love the Earth.

2019年現在、国内ではオーガニックを始めとする
サスティナブル志向する人が増加し、
大手小売り店を中心に当該カテゴリー商品の取り扱い量も
増加しています。 OVJは、「人間は自然を食べて生きている」という
オーガニックの基本コンセプトに基づき、
みなさんと一緒に「ヒトの健康=自然の健康」を
楽しくわかりやすく消費者に伝え、
その結果として持続可能なマーケットが広がることを目指します。
その媒体コンセプトが、
「Kitchen Love the Earth.」です。

Kitchen Love the Earth.のカテゴリアイコンイメージ/イラスト:福本若芽


媒体概要

・発刊手法:  定期情報誌およびウェブマガジン
・情報誌:
判型:  B5判 16p フルカラー FSC用紙を使用
部数:各5000部〜
価格:買取の場合は200円/冊 (広告出稿の方は規定部数を無償提供)
創刊および2019年度発刊月:2019年6月末(準備号) 8月/10月/12月/2月
配布方法:メーカー、流通、小売を通しての消費者配布
・ウェブマガジン:
体裁:  PC、スマホ対応 ウェブニュース形式 期間:週1〜2本配信
※ウェブは事業者向け情報も織り交ぜて配信を検討

・企画内容:(情報誌、ウェブと共通コンテンツで展開)
キッチンを中心としたライフスタイル全般にまつわる
以下のカテゴリごとにトレンドの「コト」「モノ」「ヒト」などを取り上げ、
「ヒトの健康」=「自然の健康」につながる取材記事を掲載
food  :オーガニックを含むサステナブルな農産物、食品について
fashion  :オーガニックコットンTシャツなどサステナブルファッションについて
beauty  :オーガニックを含むサステナブルなコスメについて
item  :オーガニックを含むサステナブルな生活雑貨について
local  :オーガニック、サステナブルな地域について
event  :オーガニック、サステナブルなイベント紹介
recipe  :マクロビ、ビーガンなどのレシピ紹介
など

・特集予定:(内容は変更する場合があります)
創刊準備号(2019年6月末) そうめん【配布中】
第1号(2019年8月末) シュウマイ【配布中】
第2号(2019年10月末) 弁当
第3号(2019年12月末) 鍋
第4号(2020年2月末) 和食/日本文化


広告協賛・配布協力のお願い

事業者のみなさまとともに
Kitchen Love The Earthを進めたい!

【協力いただくメリット】
・環境活動にコミットしているという付加価値を広くアピールできる。
・オーガニックを始めサスティナブルな商品の販売促進に活用できる。

【①広告協賛】

純広告(中面)1ページ  300,000円 + 本誌100部 または 自社編集1ページ
純広告(中面)1/2ページ 200,000円 + 本誌50部 または 自社編集1/2ページ
表4           500,000円 + 本誌300部 または 自社編集1ページ
表2、3          400,000円 + 本誌200部 または 自社編集1ページ
協賛            100,000円 + 1/4ページに自社商品およびサービス紹介
※Web広告:上記の料金にはWebページでの社名記載の特典を含みます。
サイズ・条件により価格が異なりますのでご相談ください。

【②買取配布】
・買い取っていただいた冊子を店頭などで消費者に配布=紙面やHP等で社名PR

価格:200円/部 ※100部単位での購入をお願いします
※500部以上の場合は10%引き、1000部以上の場合は20%引きいたします。

詳細は以下の広告掲載申込書を参照ください。

広告掲載申込書はこちらから
※FAX番号に誤りがありました。
(× 03-6380-4208 → ○ 03-6380-2408)
お詫びと共に、訂正いたします。

ORGANIC VISIONリニューアルのお知らせ

ORGANIC VISION読者のみなさま
OVJをご支援いただいているみなさま

いつもOVJの活動をご支援いただいているとともに、
同団体の活動の中核を担ってきた、
オーガニック&食育専門誌「ORGANIC VISION」をご愛読いただき、
ありがとうございました。
みなさまのお力もあり、
2016年1月創刊以来、年4回発刊を継続し、
2018年12月までに、計12冊(12号)まで発刊することができました。

オーガニック&食育情報誌「ORGANIC VISION」
http://ovj.jp/magazine

以降、2019年も継続して発刊する予定でしたが、
OVJの組織自体の見直し等もあり、
これを機に、より日本のオーガニックの活性につながり、
読者のみなさまおよび支援してくださる企業さまが
より応援したくなるような媒体として、
内容だけでなく、発刊方法も含めて、
一から見直すことになりました。

現在、根本となるコンセプトと発刊スタイルに関しては、
おおむね固まりつつあります。
発刊時期や内容等、お伝えできる状態になりましたら、
当HPおよびSNS、メールマガジン等でご案内する予定です。

ご連絡が遅くなり申し訳ありませんでした。
今後の新媒体およびOVJにご期待ください。

2019年4月
OVJ事務局 「ORGANIC VISION」編集部