top_menu20170808_seminar

●お申し込みはこちらのフォームから承ります。
●FAX申し込みの方は、こちらからチラシPDFをダウンロードください。

現在、全国の自治体の間で、2020年東京オリパラに向けて「事前キャンプ地」を中心に、
「選手村食料調達指針」「GAP認証」「インバウンド」
「オリンピックレガシー」「beyond2020」……と数々の新しいキーワードが飛び交い、
盛り上がりを見せています。そしてこれらは今後、「ホストタウン」という舞台に集約され、
様々なドラマが展開するでしょう。

その「ホストタウン」による地域活性の可能性が最も高い地域の一つが、
九州・沖縄エリアと言えます。
今回の会議では、「ホストタウン」による食をはじめとするさまざまなテーマにより、
地域ホスピタリティアップを図りながら、現在最も注目される「事前キャンプ地」運営を中核に、
インバウンド効果を高め、beyond2020へつなげていく。
そのための地の利を活かした九州・沖縄エリア自治体の
ヒト、モノ、コト(情報)循環ネットワークづくりを提案いたします。

その第1弾として、「ホストタウン」運営事務局を中心とした最新情報の提供とともに、
事前キャンプ地招致・運営のスペシャリスト・竹中菊博氏(福岡市役所)に協力いただき
OVJが制作中のマニュアル草案を情報公開いたします。

●日時:2017年8月8日火曜日
開場 13:30 開始14:00 (終了pm17:00予定)
●会場:福岡国際会議場(福岡コンベンションセンター)4階会議室(404-406)※部屋番号が間違っていました。訂正いたします
http://www.marinemesse.or.jp/congress/
●定員:120名 *事前登録 定員になり次第締め切ります。
●参加費 :資料代として3000円*資料代金は受付で資料と引き換えにお支払いください。
資料内容/
(1)キャンプ地運営マニュアル草案(冊子)
(2)「ORGANIC VISION」第1号~最新7号まで全7冊
●お申し込み方法:以下URLにて事前登録いただくか、チラシPDFを出力の上、FAXにてお申し込みください。
https://goo.gl/forms/UPhIFqfaslF0cdG12
↓↓↓
案内チラシPDFはこちらから

セミナータイムスケジュール

※内容、時間は変更になる場合があります

オリエンテーション 【5分】
安藤良将 内閣官房 東京オリパラ事務局 【20分】
「ホストタウンの現状と九州の可能性」
杉本明子 自治体国際化協会(CLAIR)交流支援部経済交流課 【15分】
鐙 景子 青年海外協力隊事務局 参加促進 進路支援課 国内協力員(JICA)【15分】
「JICAボランティアの活用について」
山口真奈美 (一社)日本サステナブル・ラベル協会 【20分】
「自治体が注目すべき国際認証とSDGs(持続可能な開発目標)」

(休   憩)【10分】

竹中菊博 福岡市役所 【40分】
「事前キャンプで必要なこと~マニュアルに込めた思い」
中島隆二 嬉野市役所 【15分】
「事前キャンプ運営でわかった食の文化交流の可能性」
山口タカ (一社)OVJ事務局長/「ORGANIC VISION」編集長 【20分】
「ローカルフードビジョンづくりと九州・沖縄連携の提案」
質 疑 応 答 【20分】

運営協力予定ネットワーク:

内閣官房オリパラ事務局  一般社団法人九州経済連合会  九州・沖縄自治体
NPO法人日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会
一般社団法人日本サステナブル・ラベル協会 独立行政法人国際協力機構(JICA)
一般財団法人自治体国際化協会(CLAIR)

主催 : 一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)

お問い合わせ先

一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)事務局
〒104-0052 東京都中央区月島1-21-12
TEL:03-6225-0613 FAX:03-3532-0463
URL:http://ovj.jp e-mail:seminar@ovj.jp
担当 山口 種藤 間宮

3 Comments

  1. […] 第1回九州・沖縄ホストタウン&キャンプ地連携会議 […]

  2. […] 第1回九州・沖縄ホストタウン&キャンプ地連携会議 […]