実需者講習会第3回:地域農産物の流通を加速させる「地域産品プロジェクト」 次なるテーマは「オーガニック」

オーガニック・エコ食材をより広く活用したいという方や、これから取り扱おうという方に向けた無料セミナーです。
地域に特化した食材を発掘して魅力的に紹介し、全国流通につなげる「地域産品プロジェクト」の実例を紹介。芦屋を拠点に有機野菜の販売やイベントを手がける福原悟史さんと、兵庫県養父市の大徳醤油4代目・浄慶拓志さんを招いてのトークセッションも。業界に新風を巻き起こす、若い担い手たちの思いと活躍に迫ります。

※地域産品プロジェクト…伊藤忠食品株式会社のCSR活動。日本各地の地域産品の「地産全消」と地域の活性化を目指し、自治体等と共に商品発掘や企画を行っている。

●全6回セミナー各回のお申し込みはこちらのフォームから承ります。
●ファックスでのお申し込みは、こちらのPDFをダウンロードして使用ください。

【日時】
2017 年10 月4 日(水)14:00~16:30(開場13:30)

【会場】
神戸市教育会館
兵庫県神戸市中央区中山手通4-10-5
http://www.kobekhall.com/

【定員】
30 人(要申し込み)

【参加費】
無料(さらに参加者特典として、オーガニックと食育の専門情報誌
「ORGANIC VISION」最新号(1500 円)を進呈)

【スケジュール(予定)】
(1)実需者講習(50分)
地域農産物の流通を加速させる「地域産品プロジェクト」、次なるテーマは「オーガニック」
小池昌孝氏(伊藤忠食品株式会社 地域産品MDチーム チーム長)

休憩(10分)

(2)実需者トーク(60分)
兵庫で活躍する実需者、生産者とともに語る、地域とオーガニックの可能性
登壇者:福原悟史氏(株式会社GA 代表取締役)、浄慶拓志氏(大徳醤油 専務取締役)
小池昌孝氏、コーディネーター

休憩(10分)

(3)質疑応答(20分)

講師プロフィール

小池 昌孝(伊藤忠食品株式会社 地域産品MD チーム チーム長)

メーカー、小売を経て伊藤忠食品に入社。ネット通販等新規事業の立ち上げを経てマーケティング部門にて生産地と消費地をつなぐ地域連携事業に係るマーチャンダイジングを担当。ISO22000(FSMS)審査員補、HACCP 管理者の資格を有する。日本ダイレクトマーケティング学会会員。6次産業化中央サポートセンタープランナー。

登壇者プロフィール

福原 悟史(株式会社GA 代表取締役)

学生時代より独学で有機野菜の移動販売を開始。現在は芦屋市内にて店舗販売、個人宅配、レストランへの卸販売などを手がける傍ら地域活性のマルシェイベントや講演活動、料理教室などのワークショップなども開催する。レシピと生産者の紹介を載せたオリジナル冊子やブログなどでも積極的に情報を発信し、産地と買い手をつなげる仕事をしている。2017年にオープンした「道の駅 神戸フルーツフラワーパーク大沢(FARM CIRCUS)」の運営責任者(駅長)に就任。ORGANIC VEGETABLE CA ウェブサイト

浄慶 拓志(大徳醤油 専務取締役)

四季の温度変化の中、蔵に住み着く微生物に醸造を委ねる昔ながらの醤油づくりを続ける兵庫県養父市の醤油蔵 大徳醤油の4代目。
2009年に有機JAS認定を取得し、「有機、地域、伝統」をテーマに国産原料(地元原料)を使用した、無添加の調味料を製造。展示会やワークショップ、クラウドファンディング等に積極的に取り組み、但馬から全国へ「いのちを育むたべものづくり」を発信できる企業を目指しブランディングを進めている。大徳醤油ウェブサイト