コスメで環境配慮! 美しいサンゴを守る 日焼け止めの選び方

エコにつながる日焼け止めを使って、海の環境も肌も優しく守りたい!

沖縄のハーブ、有機栽培の月桃成分を配合

 夏の必需品、肌を日差しから守ってくれる日焼け止め。その成分の一部が海洋汚染につながることがわかり、世界的に成分の見直しが始まっています。
 発端は、2018年7月にハワイ州で成立した日焼け止め規制法案。サンゴ礁に悪影響を及ぼすUV成分「紫外線吸収剤」を含む製品が、2021年から同州で販売禁止になります。紫外線吸収剤は使用感がよく、多くの日焼け止めに配合されている成分。今後は肌の上で紫外線をはね返す「紫外線散乱剤」が主流になりそうです。
 紫外線散乱剤は白浮きしやすいといわれますが、技術は進化中。透明感があり、しっとり伸びる有機認証取得の「月桃UV ボディヴェール」は、その進化を実感する使用感です。
 環境への配慮から始まった、脱プラストロー、脱レジ袋の流れ。次は日焼け止めも見直してみませんか?

琉白『月桃U V ボディヴェール』のKitchen Love the Earthポイント

  • 海洋汚染につながる「紫外線吸収剤」不使用
  • 有機栽培の沖縄産月桃を配合、清涼感ある使用感
  • フランスの有機認証機関の「エコサート認証」取得

商品名●琉白『月桃UVボディヴェール』SPF50+ PA++++
容 量●60mL
価 格●3,960円(税込)
生産国●日本
問い合わせ先●株式会社シーンズ 0120-936-892

https://ruhaku.jp